[本文]

活動報告(特別寄稿) 第11号

感染症に対する国際防疫網構築の人材育成
黄 鴻堅

【執筆者プロフィール】

[氏名]:
黄 鴻堅(ウイ ホンキエン)
[所属・役職]:
麻布大学獣医学部・教授
[略歴]:
マレーシア生まれ。北海道大学獣医学部卒業、同大学獣医学博士取得。北海道動物医学センター株式会社在職経て、米国留学。
日本に戻り、北海道大学獣医学部助手に勤めた後、台湾国立中興大学獣医学科副教授に就任、そして教授に昇任、国際部部長兼任。
2009年~2012年山口大学農学部獣医学科教授、同大学国際戦略室副室長および副学長補佐兼任。
2013年より現職。

【さくらサイエンスプラン実施内容について】

受入機関 学校法人麻布獣医学園
送出し国・機関 台湾6人(国立中興大学、国立台湾大学、中国医薬大学)
タイ6人(チュラロンコン大学、ラジャモンコン大学、チェンマイ大学)
中国4人(北京農学院、中国農業大学)
インドネシア2人(ガドゥジャマダ大学)
韓国2人(ソウル国立大学)
フィリピン2人(フィリピン大学ロスバニョス校)
マレーシア2人(マレーシアプトラ大学)
招へい学生数 24名
招へい教員などの数 6名
実施した期間 2014年12月7日(日)- 同16日(火)

1.さくらサイエンスプランのプログラムの目的について

 近年、鳥インフルエンザをはじめ家畜疾病や人獣共通感染症等が国境を越えて伝播する事例が多く見られ、国際的な関心を集めている。
 日本の獣医学はアジア圏のなかでも古い歴史を持っているが、日本国内で行われている最先端あるいは特有の家畜疾病診断法はアジア圏ではあまり知られていないのが実情だ。

 今回、麻布大学(神奈川県相模原市)では、さくらサイエンスプランにより中国、韓国、インドネシア、タイ、台湾、フィリピン、マレーシアの7か国・地域から24人の獣医学生を招聘し、12月7日(日)~16日(火)の10日間、日本の最先端あるいは特有の家畜疾病診断法を日本人学生6人(麻布大学、東京大学、東京農工大学、日本大学、日本獣医生命大学)と共に実習形式で研修した。

 招聘した学生は、アジア諸国のトップレベルの大学において、獣医学を専攻する高学年の学生又は大学院学生で、特に感染症に関わる分野に興味を持つ者だった。
 国家間における人の出入りや物流が盛んになった昨今、家畜疾病や人獣共通感染症等が国境を越えて伝播する機会が多くなっている。

 将来、これらの疾病の発生時に、招聘者らは本プログラムで得た知識とネットワークを利用して迅速に情報を共有し、対応することができる人材となることを目的にした。
 研修後、学生たちは学んだ診断法を母国で応用するのをはじめ、招聘者間、大学間での情報共有化が期待されす。

 国境を越えた家畜疾病や人獣共通感染症等の危険性が高まるなか、診断実務者や研究者による国家間情報ネットワークの必要性が急務となっている。
 本プログラムの実施にあたり、獣医学分野におけるグローバル人材の育成として、日本だけでなく、アジア各国の関係者からも注目を集めており、とくに、次世代を担う人獣共通感染症に対する国際防疫網にかかわる青年の診断技術訓練の一環としたい。

 本プログラムは平成26年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)に採択されたもので、同事業は優秀なアジアの青少年が日本を短期に訪問し、未来を担うアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目指しているプログラムである。

2.実施内容について

 本計画では、外国学生5名からなる6グループに分かれて、共同で家畜感染症の最新予防法について実習形式で学んだ。また、各国の家畜疾病や人獣共通感染症についても討議し、国際学術会議的な場も設けた。

 施設や設備は麻布大学獣医学部内のものを用い、スタッフは当大学獣医学科の主に感染症に関わる研究に携わる10人で担当した。

実習内容は次の通り
  1. 食品由来寄生虫病を引き起こす旋毛虫の実験動物への感染実験、消化法による幼虫の検出・同定。旋毛虫感染筋肉の標本作製。
  2. 旋毛虫や細菌成分を使って培養したマクロファージに刺激し、分泌されたサイトカインのSandwich ELISA(サイトカインアレイ)による検出。
  3. 家畜寄生虫病の特殊検査技術:蠕虫感染症診断のための定量的糞便検査;O-ring chamber method、Beads sieving method。ヒメモノアラガイにおける肝蛭の幼虫各発育の検出・観察。
  4. 家畜外部寄生虫標本の同定・観察・討議。
  5. 旋毛虫感染動物の剖検、成虫回収方法の実施。
  6. 家畜ウイルス病の最新診断法として、鶏卵線維芽細胞の培養、ウイルス接種、CPE観察、そして蛍光標識モノクローナル抗体およびポリクローナル抗体による感染細胞の重複染色。
  7. Multiplex PCRによるカンピロバクター属菌の同定。
  8. LAMP 法によるサルモネラ属菌の迅速検出。
  9. 赤血球内に寄生するバベシア原虫の血液塗抹およびreal time-PCRによる検出。
視察または施設見学
  1. 山梨県酪農試験場
  2. 日本住血吸虫症撲滅にかかわった山梨県の旧杉浦医院
  3. 相模原市博物館
  4. JAXA キャンパス
  5. 目黒寄生虫館
  6. 麻布大学の小動物病院
  7. 麻布大学の産業動物病院
今回、麻布大学で実施したさくらサイエンスプランについて、ユニークな点と思われるものは次の通り
  1. 本プログラムは外国人24名の他に日本人6名が参加し、外国人達と一緒に実験や討議し、国内のグローバル人材育成の一環とする。参加者全員がそれぞれの国で獣医師免許保持者或いは獣医学科高学年の学生である。
  2. 参加した日本人学生は東大、日獣大、日大、農工大、麻布大、計6人の獣医専攻の学生達であり、国内で国際化の訓練を経験できたと考えている。
  3. 送り出し機関に対して、事前に推薦された学生の学力や英語力が不足とこちらが判断したら、変えていただく。必要に応じて、国際電話やスカイプによる面接を行う。
  4. 来日が決まった後、学生全員に詳細な履歴情報を提出してもらうことで、学生達と直接にメールや電話で連絡が取ることができた。
  5. 家畜感染症防疫の概念を徹底させるために、送り出し機関や参加者に“ダウタイム”を一週間以上取って置くことを伝えた。具体的に、口蹄疫の伝播を防ぐために、来日一週間前から偶蹄類動物と接触しないように申し付けた。
  6. 本プログラムの参加者公募の際、ある一定の技術と知識レベルに達しない学生には終了証を発行しないと来日前から送り出し機関および参加者に伝えた。
  7. 本プログラムは平成26年12月7日から12月16日までと申請したが、正確には平成26年11月2日に最初の課題を出した。その課題に対する解答の提出締め切りは平成26年11月20日とした。課題には参加者がこれから取り扱う病原体(寄生虫、細菌、ウイルス)について、十分な知識を持ち、及びそれらの診断法の原理を理解していることの確認が目的であった。
  8. 二番目の課題は平成26年11月11日に出し、解答提出の締め切りは平成26年12月3日とした。この課題は自然科学よりも社会科学に重点を置き、招聘者が一つの感染症を抜粋し、その感染症が自国で発生した場は、どのような影響が出るかについて論じるものである。課題の解答に斬新的発想およびオリジナルな考え方が含まれていたので論文集として製本とすることを考えている。この課題は日本人学生達にも提出してもらった。これらのレポートはプログラム実施前に電子メールでプログラム実施者の我々に送られてきた。
  9. 麻布大学においてプログラムが始まると、彼らが自ら課題に取り上げた感染症について外国の学生全員で討議し、診断・治療・予防についてグローバルな視点で討議した。
  10. 招聘学生たちは、異なる文化背景および教育レベルを背景に持つ様々な性格である学生であったが、グループワークを通じて、諸国の学生と友情を養い、グローバルネットワークを作った。
  11. 各学生は初めて異国の学生と共に和気あいあいと共同作業をして、グローバルな環境に感銘を受けていた。また、諸学生は、国の代表としての高い意識を持ち、緊張感を持ちながら積極的にかつ楽しく実習や討議に参加した。
  12. コースのために、ハンドブックを作成して、全員に配った。
  13. 招聘学生たちは、上記のように、様々な性格を持った学生であったが、グループワークを通じて諸国の学生と友情を養い、グローバルネットワークを作っていた。プログラム終了後も、若者によるアジアの獣医感染症ネットワークの構築をメールやソーシャルメディアで行っている。
  14. 最後に、諸学生は帰国後一週間、今回のプログラムについての感想を2ページ以内に、電子メールでプログラム実施者に提出してもらった。
  15. 今回のプログラムには、麻布大学獣医学部の感染症に関連する教員の計10名が関わった。

3.今後の国際交流について

 今回の参加者全員が本プログラムの継続を希望しています。また、彼らは自国で本プログラムの紹介・推薦を行うと言った。そして、日本人学生の招聘者としての参加が伴わなければ、当プログラムの成功は難しいと考えている。プログラム実施後、帰国した参加者に誰と最も親しくなったかと聞くと、「グループメート」という答えが一番多かった。もし、「グループメート」の中に日本人学生が含まれていないと、プログラムの根本的な意義に損なわれるではないかと感じる。プログラムにおける日本人学生の役割などを再検討する必要があるだろう。
 2020年の東京オリンピック開催に向けて、より多く海外若者が日本に訪問する機会を作れば、日本の若者にとってもより多くの外国人と接することによって日本社会の国際化も更に進むだろう。

4.さくらサイエンスプランに対する希望と期待

 今回のサクラサイエンスプランの参加者から多く寄せられた意見として、プログラム実施期間の延長があげられ、内容の充実を考える上でも、今後この意見を反映できることを切に希望する。
 今回のようなコースを将来的にも実施し続けて行くことで、一つの有名な定期国際コースにまで発展させるために、JST には支援し続けて頂けることを期待する。
 同窓会という概念は皆が同じ場所で共に学び、共に遊ぶことから成り立っている。サクラサイエンスプランも今後、今回のような実習を中心とするコースを支援することによって、次世代に、国境を超える友情の種をまいてくれると強く信じている。

麻布大学で分子生物学技術による細菌診断実習

山梨県酪農試験場の見学


麻布大学で外部寄生虫観察後の討論会

麻布大学の産業動物病院見学



山梨県昭和町旧杉浦医院(日本住血吸虫症資料館)へいく道中

平成26年度 活動報告